閉じる

クイック検索

※検索したい項目をチェックして(複数選択可)、ページ下の「検索実行」ボタンを押してください。

留学の目的で検索する

都市で検索する

大都市(人口50万人以上)
中規模の都市(人口10-50万人)
小規模の都市(人口10万人以下)
海がある都市
訛りのないスペイン語が話されていると言われている
大学都市
年間を通して比較的温暖な気候
島にある都市
有名なお祭り、イベント等がある都市

学校の特徴で検索する

体験談

当サイトを利用してスペイン留学を実現された皆様の多くが思い出に残る体験をしています。
今から留学をお考えの方はぜひ参考になさってください。

IK
都市
バルセロナ
期間
2016年12月から2週間
学校名
don Quijote Madrid
参加コース
CHRISTMAS PROGRAM
インタースペインを選んだ理由と感想をお聞かせください

セルバンテス文化センター内でお願いできる留学仲介サービスのため、信頼性があると考えました。

カウンセリングや手続き等について

早急に郵送物やメールを送ってくださり、かつわかり易く、大変ありがたかったです。

授業内容や先生についての感想を教えてください
のイメージ

INTENSIVEコースは、9~13時までの4時間(途中20分の休憩あり)行われ、休憩後に先生が変わるものでした。始めは何を話しているのか、教科書の問題の意味もあまりわかりませんでしたが、先生や他の生徒さんが積極的にコミュニケーションを図り、とても優しく教えてくれたり接してくれたり、また笑わせてもくれ、大変楽しく過ごすことができ、言葉も次第にある程度理解できるようになりました。 文化の授業は、クリスマスについてだけではなく、ガウディや、インカ、言語について等、幅広い内容の講義でした。事前にいただいていた授業プランの内容と実際に行われた授業の内容が違いましたが、先生に「ガウディの講座を聞いてからサグラダ・ファミリアに行きたかった」と話すと、「じゃあ△日にやる予定だったけど、×日にやるよ!」と言って対応してくれました。12月最後の授業では、新年の祝い方をレクチャーしてくれ、みんなでCAVAを飲みました。基本的に先生がずっと話しているので、上級者向けと感じました。 先生がすごく良い方で、授業中はいつも気にかけてくれ、理解できないと親身に根気よく教えてくださったり、授業の後に「×時に●●で友達と待ち合わせをして出掛ける」と話すと、親切に道案内をしてくれたりと、本当に良くしてくださいました。また、クラスメイトもいい人たちで、授業の後に一緒にクリスマスマーケットに行ったり、カウントダウンをしたり、私が帰国する際には手作りのお菓子をくれたり…帰国後もつたないスペイン語ではありますが、ちょくちょく連絡をとっています。 素敵な人々とも出会え、この学校を選んでよかったと思っています。スペイン語のレベルは、日本で通っている教室の方に「向こうに行って、よくしゃべるようになったね」と言ってもらえましたが、まだまだです。今回の留学を機にもっと勉強したい、もっと話せるようになりたい、もっとスペインにいたい!!という欲がでてきました。ぜひまたこの学校に留学をし、あの先生の下であの環境で勉強したいと思います。

学校の施設やスタッフの対応はどうでしたか?

初日に地下鉄の乗り換えを間違え、また最寄り駅に着いても学校までの行き方がわからず、1時間半程遅刻をしてしまいましたが、到着後優しく対応してくれました。 (私自身のミスです。自分でよく調べず、事前にいただいた資料の見方を勘違いしたことが原因でした…。) また、貴社から学校宛に連絡があり、受付に呼ばれ「調子はどうか?困っていることはないか?」と聞かれた際、ステイ先で少し困っていることを話すと、冷静に対応(クレーム)してくれました。他にも受付の方に公衆電話の使い方を教わったり、趣味のサッカーの話をしたり、気さくに優しく接してくれました。 施設はきれいで新しく感じ、午後になると毎日清掃スタッフの方々がきて掃除をし、清潔で快適でした。

宿泊先はどうでしたか?
のイメージ

コロンビア出身のとても明るく面倒見の良いお母さんで、積極的にコミュニケーションをとってくれました。初日は翌日からの登校のために駅まで一緒に行ってくれ、切符の買い方も教えてくれました。(家から学校までは地下鉄を使って30分ほど)2日目の夜にはアルゼンチン料理屋さんに連れて行ってくれ、クリスマスにはいつもよりも豪華な家族との昼食にも参加させてくれました。帰国する際には電話でタクシーを予約してくれ、お土産も用意してくれました。留学生は私の他に2人いて、学校が違いましたが1人とは毎朝途中まで一緒に通学しました。SNSでも友達になりました。 ただ、事前にいただいていた内容とは異なり、旦那さんが週末にしかいなかったり、30代半ばの息子さんや60代の同居人の男性がいたりと、少し戸惑うこともありました。みんなよく電話をしていて、壁が薄いせいもあり声が良く聞こえ、なかなか眠れないこともありました。 学校に相談したのはお風呂に関してのことで、3日目ぐらいに「スペインではお湯が高いから、スペイン人がお風呂に入るのは2~3日目に1度。だからあなたもそうして。」と言われ、理解はできるけれど私には耐えられないと思い、「ホームステイ先以外で使えるシャワールームがあるか」という内容でした。受付の方曰く、「そんなことはない!私はスペイン人だけど毎日お風呂に入っているし、お湯だってそんなに高いわけじゃない。ルール違反だ。クレームを入れるから君は気にしないで大丈夫。」と。少し衝撃的でしたが、その後毎日入りました…。

これから留学される方にアドバイスをお願いします

今回、私にとって初めての留学、初めての海外でした。日本ではなかなか思い通りにスペイン語の勉強を進めることができなかったため、短期間でもいいから思い切って日本語の使えない、スペイン語だらけの世界に身を投じようという覚悟でした。 到着後は右も左もわからない、誰も自分のことを知らない場所で緊張もありましたが、せっかくの機会、どうせなら楽しもうと決め、毎日積極的に街を散策しました。授業が終わると文化の授業で習った教会に出掛けたり、友人とショッピングをしたり、お店の店員さんともおしゃべりをしました。休みの日にはグエル公園やサグラダファミリアにも行きましたし、年越しは友人とスペイン広場でカウントダウンをして12粒のuvasも食べ、本当に楽しく有意義な時間を過ごしました。 気がつくと、なんとなくではありますが先生やホストファミリー、お店の人が話してることがわかるようになり、数年前に習って忘れていたスペイン語が自然と口から出ることもあり、今まで一番語学力が高くなったように感じます。また、語学だけでなく、現地の人を見ていて自分の在り方、生き方にも気づき・学びがあり、今回の経験は自分の中で本当に大きなポイントになりました。たくさんの素敵な出会いも大きな財産です。 あまり勉強、勉強と気負わずに、「楽しむ」。そして積極的に行動・人とコミュニケーションをとれば充実した留学ができると思います。

AIG損害保険株式会社
AIG損害保険株式会社のサイトへジャンプします
キャッシュパスポート
トラベル・プリペイドカード
Piccel wirelless
現地スマホ、SIMカードレンタル
Uniplaces
現地アパート予約
Euro Fút
ヨーロッパサッカー留学・遠征
Sanchez Casal Academy
スペイン・テニス留学
セルバンテス書店
スペイン語専門書店